包茎が呼び寄せる病気のリスク

包茎が呼び寄せる病気のリスク

包茎には様々なデメリットがあります。
悪臭が下半身に漂いやすい、男性自身が陰茎に自信が持てなくなる、女性に馬鹿にされるリスク等がありますが、最も懸念すべきは病気のデメリットでしょう。
包茎と言えば見た目のインパクトが高いため、しばしば外見的なデメリットだけがクローズアップされます。
しかし最も厄介なお悩みは、性病の温床になる点です。

亀頭周辺がほぼ365日、永続的に包皮にガードされているため、小さなゴミが陰茎の先端部に溜まりやすくなります。
ただ蓄積するだけであれば、シャワーやお風呂の際に洗い流せます。
しかし包茎の陰茎は、浴室でも亀頭を露出させる事が極めて難しく、痛みが生じる事を理由に下半身を適当に洗い終えてしまう男性も多いのです。

元々ゴミが蓄積しやすい物理的な構造に加え、丁寧に洗われない包茎の陰茎は高い確率で痒みやぶつぶつを生じさせる病気を呼び寄せます。
また男性ばかりが病気のリスクを負うだけでは済みません。

不衛生な亀頭のまま、恋人や妻と性交を重ねれば、そのゴミ等が相手の膣に入り込みます。
一度や二度であれば問題は薄いかもしれませんが、それが毎晩となれば女性の膣にも性病のリスクが生じて来ます。
包茎は物理的には男性個人の問題ですが、衛生的に考えれば男女双方に関わる深刻なデメリットです。

包茎手術・包茎治療を豊田市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ