包茎手術による失敗例

包茎手術による失敗例

お悩みを解決するためにクリニックや病院で行われる包茎手術は、男性器の一部分にメスを入れる外科手術のため残念ながら失敗しないと言い切ることができません。

包茎手術の失敗例には、大きく分類すると外見と機能面の2つに分けることができます。
外見の失敗例は、術後に一目ですぐにわかってしまう傷跡が残るということがあります。
執刀した医者の経験が浅く技術が伴っていなかったり、平常時との皮の長さの差異をしっかりと計測しないというクリニックや病院では起こりやすい失敗例と言えます。

また、手術により痕が目に付きやすい方式も存在するためカウンセリングの際に完成形についても説明を受け、医者と入念に意思疎通を行っておく必要があります。
外見の失敗は、再手術を行うことで修正することができるものの再手術を行うとなると治療費がさらに必要になってしまうため出費が増えてしまいます。

次に、機能面の失敗があります。
外見の失敗とは違い、再手術を行っても修正することができません。
機能面のミスは、執刀医の技術力が物を言いますので、予め調査し実績があるベテランの医者に依頼することが安心できる方法です。
様々な情報を入手し入念に調べあげましょう。

包茎手術・包茎治療を豊田市でするならココがお勧め!評判・口コミへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ